本場フィンランドの味、シナモンロールを求めてパン屋「キートス」へ

その他

映画かもめ食堂を見て、シナモンロールが無性に食べたくなり、フィンランドのパン専門店「キートス」さんへ行きました!

頭の中は、シナモンロールで頭の中は埋め尽くされながら、大宮駅から徒歩15分ほど歩くと青い看板と赤いレンガの建物がありました。入ってみるとハード系のパンと食パン、ハムチーズパン、クッキーなどがあります。お目当てのシナモンロールは・・・ありませんでした。店主の方に聞いてみると、今日は作れなかったとのこと。物理的に無理だったそうで・・・でも、せっかく来たので何か買って帰ることに(初めからそのつもりです!)。商品を一つ一つ見ると名前がかわいい。妖精のまくら、北欧の森から、ポイカユスタバ、トュットゥユスタバ、などなど何かの呪文みたい。店内はこじんまりしていて北欧の小物など置いてあり終始ほっこり。私はグラハム食パン(282円税込)と妖精のまくら(327円税込)を購入。妖精のまくらは、酸味のない天然酵母パンでいちじく、くるみ、フルーツの甘みのあるパンで何もつけなくても美味しいそうです(ホームページより)。


次の日の朝食に。とても贅沢な朝になりました。

グラハム食パンは、キメの細かい歯触りで外側はさくさく、内側はもちもちで密度の高いパンでした。妖精のまくらは味が奥深く、香り豊かでナッツといちじくやフルーツの甘みがあってとても美味しいパンでした。たまにしか買えないけど(お金があったら定期的に買いたい)、また行きたいお店になりました。今度はシナモンロールと他のパンも食べてみたいと思います。


目の前がこんな感じじゃなかったら、もっと北欧の気分に浸れたのになと思う朝でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました